事故車なのに買取してくれる業者はココだ!! » 事故車の買取事例

事故車の買取事例

事故車の買取事例

修理代は30万円

愛車はH18年式のキューブ(走行距離は10万km)でした。

 

とある日、前の車に突っ込んでしまいました。。。

 

その画像がコチラ↓
%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%96%e4%ba%8b%e6%95%85

幸いケガ人は出なかったものの、ご覧のありさまです。。。

 

ラジエーターまで損傷があり自走はできずレッカーで運ぶことになりました。

 

ボンネットは開かず、バールでこじ開け何とかバンパーを取り外すことができて徐々に事故の損傷の大きさが明るみになってきました。

 

ほとんどの部品は交換しなけばなりません。

 

ボンネット、バンパー、グリル、ヘッドライト左右、ラジエーター、コンデンサ、コアサポート、メンバー。。。

 

ヘッドライトのライトバッフルやインナーフェンダーの修復も必要です。

 

以上の修理内容で出た見積りは324000円!!

 

実はこの1カ月ほど前に買取査定をしたのですが、買取価格が1万円だった為に売らずに乗り続けることに決めた矢先の事故なんです。。。

 

なんとまぁこの車の買取価格よりも高い修理費用が掛かるなんて修理する価値があるのだろうか??

 

もちろん車の内容からして車両保険にも入っておらず、10割こっちが悪いのでこの修理費用は完全に自腹です。

 

そこで修理代を少しでも浮かすために格安修理工場をネットで探してましたがどこも『現車を見てみないと分かりません』出張見積りに来てもらった業者でもほぼ同じ見積金額。。。

 

そんな中たまたま見つけたのがコレ↓


ひと月前の買取価格が1万円だった車をダメもとで査定依頼してみました。

 

とりあえず、査定フォームに必要項目を入力します。↓

 

すると数分後におおよその買取価格がメールで回答があります。

 

その買取価格はなんと8万円!!

 

ひと月前の買取価格が1万円だったのに8万円です!!

 

なぜ??と疑問が消えませんでしたが、30万円も用意できなかった私は即決で売ることに決めました。
8万円だった理由はコチラ

 

さらに8万円が12万円に

その後、実際に車を引き取りに来てもらった際に業者の人から還付金の話をされました。

 

還付金とは自動車税や重量税、自賠責保険が返金されることです。

 

約1年分ほど車検が残っていたため残り12か月分の税金や保険料の還付金を受け取ることができ、総額12万円で売ることができました。

 

これは私のキューブが特別に高く買取できたわけでなく、実際に事故車の買取りを高くしているのです。

 

その買取事例がコチラ↓

このように修理をせずに査定価格によっては売ったほうが得なケースもあるのです。

 

また、車両保険に入っていれば、保険会社からも修理費用がもらうことができ、次の車の頭金にしては十分すぎるほどの資金ができるんです。

 

但し、現状の事故車でないと高価買取はできません。いわいる事故歴ありや修復歴ありの車みたいに原状回復している車は対象外です。

 

そんな事故車買取のTAUはコチラから↓



 

スマホを使う人が大変多くなってきましたが、事故車の査定もスマホを使って手続きを行なうことができるのです。スマホはあるけどパソコンは持ってないという方もインターネット上の一括査定サービスを受けられるということで、大変便利ですね。査定額をなるべく高く出してくる良心的な買取業者を見つけるために、ぜひとも一社にしぼらず複数の業者の査定を受けることをおすすめします。よく見かけるようになった事故車査定関連アプリも使ってみるともっとスピーディに業者が見つかるようになるかもしれません。事故にあった事故車でも査定は申し込めますが、つけてもらえる査定の金額は低いでしょう。とは言っても、事故事故車であるということを隠そうとしても査定する人は事故事故車であることは分かるので、マイナスのイメージになります。事故によるダメージが大きすぎる場合には、事故事故車専門の買取業者に査定を申し込むと良いかもしれません。こちらの方がより良い査定額を提示してくれることも少なくありません。買取業者ごとに異なる中古事故車の査定額ですが、その差は意外と大きいことが知られています。納得のいかない値段で売ってしまうことのないよう、一社だけでなくいくつもの業者から見積もりを出しておいてもらうことをおすすめします。ですけれど、そうして提示される見積もりの金額と事故車を見て業者が実際に出す査定額とは違ってきますので、その点は用心しておくのがよいでしょう。時々、高額の見積もりを出して客を誘い、相場と比べて相当お安い査定額を出してくるような悪意のある業者も少数ながら存在しています。インターネットを使うことで、事故車の査定額の相場を調べられます。大手中古事故車買取業者のサイトなどを見ることで、事故車買取価格の相場が分かるでしょう。相場を知っていれば、安く売って損してしまうこともありませんので、予めよく確認をしましょう。とは言っても、事故車の状態で変化するため必ず相場の通りに売ることができるわけではありません。買取業者に事故車の査定を出す時に、簡単なのでそうしたくなりますが一つの会社だけに任せてしまってはいけません。どうしてかというと別の業者を利用していればもっと高い査定額がついてお得だった可能性があるためです。ここ数年のことですがネットを使って容易に一括査定を受けて数社の買取業者から見積もりを集めて比較することができるようになりました。少々手をわずらわせることになるかもしれませんが、多くの業者によって査定を受けておくと最終的に査定額アップに繋がることが期待できます。自動事故車の査定を頼む時は、スタッドレスタイヤを装着したままではなく、いわゆる標準タイヤに換えておきましょう。一般に、スタッドレスタイヤはマイナス査定となるといわれます。使用状態が良かったらスタッドレスタイヤも事故車とともに買取を行ってもらえる場合も出てきますが、溝が走り過ぎてない状態だと、処分するためにお金が必要となる場合もあります。うっかり事故車検を切らしている事故車は査定をどうしたらいいかというとむろん、査定を受けるのに問題はありませんが、ただし事故車検を通していない事故車の場合当然走行できませんから、持ち込みでなく出張査定を頼むことになります。事故車検を通して売却を試みようとするよりかは、もう事故車検は切らしておいたまま売却した方が、事故車検代を思うと絶対にお得ですから、さっくりと出張査定を受けることに決めてしまいましょう。そしてこんな時も一つの会社に査定を頼まずいくつかのところで査定を受けるようにすると少々手間ですがそれを上回るメリットがあります。業者によい評価を得るためにも査定前には、洗事故車をしておくのが基本です。買取業者の査定員がたとえ海千山千であってもやはり人間なので、洗事故車すらしてもらえない汚い事故車より手入れの行き届いたきれいな方に良い感情を持つでしょう。それだけでなく事故車に汚れがついていると、小さな傷などの有無を確認するのが難しく、査定額が減る場合があります。また、洗事故車を行うなら普段念入りには洗わないタイヤまわりも手を入れておくといいですね。インターネットを使って中古事故車買取業者に査定をしてもらおうとすると、電話番号など個人情報を打ち込むようになっているところがとても多いのが現状です。愛事故車の査定を申し込んでみたいけれども、入力した個人情報から電話がかかってくるのは避けたいということで、ネットでの査定をやめようと考えてしまうかもしれません。そんな声が届いたのか近頃は、電話番号など個人情報の記載不要で事故車がどれくらいで売れるかざっくりとわかるようになっているサイトもありますので、試しに利用してみるのはいかがでしょうか。中古事故車買取業者に事故車を売ることを考えた場合、査定は一社のみに任せずいくつかの業者に依頼し、次に洗事故車を済ませ、査定に必要な書類は用意しておきます。それからもう一つ、後から一悶着起きることのないように、事故事故車で修理歴があることなどは隠すことなく告げておくのがルールです。もしも業者の出す査定額が不服ならそこはきっぱりあきらめて不満をためることのないようにします。福岡 廃車

 

最近の投稿
2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
リンク集